夏の暑い時期に濃い味のお酢を使った料理を戴くと、なんとなく涼味を感じますね。 そういえば濃い酢のもの料理を口にすると、一瞬でも酸っぱい味で身体が「ブルブルッ」としますもんね。

 

このような極端に酸っぱい味でなくとも私たちが普段に美味しく戴いているものに、ぐるぐると回転しながら小皿に乗って出てくる「アレ」がありますよね。
そうですアレというのは回転寿司のことで、日本人は知らぬ間にお酢のご飯である「握り寿司」をいただいていますよね。

 

実はこの握り寿司やチラシ寿司、其の他にもすし飯を使ったお寿司などを好んで食べています。 というのは、これはお酢の合わせ酢で「すし酢」(料理酢)をつくっていて、其れをご飯に混ぜ合わせして、所謂、お酢のご飯、酢飯を作っているのですね。

 

この合わせ酢ともいわれるすし酢は、其の料理店やご家庭での色んな作り方が有って、其々に独特の特有のオリジナルな酢味の料理酢をつくっているのです。 基本的には普段はお酢といわれる米酢に砂糖、お塩、其の他にも醤油や味りんを加えたものが合わせ酢といわれるものです。

 

食欲の落ちる夏には、お酢を隠し味に使ったお料理はいかがでしょうか。
作り方は簡単で、いつもの野菜炒めの最後、火を止める直前にお酢を大さじ1杯程度入れるだけです。お酢は熱を加えるととがった酸味がなくなり、味もまろやかになるので塩味にも醤油味にも合うのです。もちろん酸っぱいものが好きな人にはマヨネーズ炒めにお酢をプラスして、さらに酸味を加えるのも良いでしょう。

 

夏野菜がたくさん手に入った時などは揚げびたしも良いですよね。この揚げびたしを漬け込む合わせ調味料にもお酢を加えると一味違った味わいがでます。隠し味程度にほんの少量いれても良いですし、たっぷり入れて南蛮漬け風にしてみても良いので、自分の好みの味を探して色々試してみてはどうでしょう。

 

我が家では夏になると、料理の最後に「とりあえず大さじ一杯のお酢」という感じで何にでも入れてみます。炒め物、揚げ物だけでなく、煮物やスープにも試していますが、お酢って意外と何にでも合うんですよね。

PR|注文住宅のための用語集|クレジットカードの即日発行じゃけん|AGAお悩み相談.com|マッサージのリアル口コミ.com|女性向けエステ.com|健康マニアによる無病ライフ|女性のための薄毛治療研究会|住宅リフォーム総合情報|美容と健康女性ランキング|内職 アルバイト|英語上達の秘訣|ゴミ屋敷解消Q&A|エステサロンを上手に利用する情報サイト|