日本の食卓はだしや醤油で味付けした料理が多いのですが、お酢を使った料理は食卓に一品もない!と言う家庭が少なくありません。
健康にも良いお酢ですが、食卓に一品お酢の料理が増えるだけで、味にバリエーションが出て、食事が進みます。
とはいえ独特の香りや味が苦手という方も多いでしょう。
子供は特に苦手とすることが多いようです。

 

そんな時は「甘酢」の料理がお勧め
食べやすくするならお酢とお砂糖を1:1。
お酢を感じる味付けにしたければお酢とお砂糖を2:1にすることを目安に料理をします。
どちらの場合も少量の塩を加えることで味が引き締まります。

 

「お酢が苦手だけどそういえばお寿司は抵抗なく食べるんだよね」という方々には、はじめからすし酢を利用して料理をつくるのも良いでしょう。
現在は香りや味をまろやかにしたお酢も多く販売されていますので、これからお酢を料理に取り入れていきたいと考えている方はこれらを利用すると抵抗なく一品作れるでしょう。

 

健康のためにも食卓のバリエーションを広げるためにも、是非お酢を取り入れていきたいですね。